貴社のEC事業を総合支援
コラムCOLUMN

弊社が楽天の運用代行を成果報酬で始めた理由。楽天市場やYAHOOショッピングの店舗運営をされている企業様へ。

#ブログ

元々、弊社のサービスは大きく2軸で運営をしておりました。

1つは月額2万円のECコンサルタント業務。これは週一回のクライアント様とのミーティングを経て、ECサイトやWEBサイトの問題点を洗い出し、クライアント様に作業をして頂き、売り上げアップやアクセスアップを狙うものです。

もう一つは月額15万円〜の楽天市場の運用代行やYAHOOショッピングの運用代行業務です。こちらは楽天市場やYAHOOショッピングの運用業務をまんま代行しますという中々クライアント様側からすればコスパの良いサービスです。

実際にアルバイトでもECをわかる人を雇うとなると、それなりのコストがかかります。単純に時給1200円程度のアルバイトを雇うとしても、ざっと計算して月に25万程度は必要になります。

そこに目をつけたのが楽天(YAHOO)の店舗運営代行業務です。月額15万円だと、アルバイトを雇うより企業様にとっては大分コスパは良いです。(通常時給1200円でも東京だとアルバイトを見つけるのも大変です。)

しかも専門知識を持ったスタッフ対応する訳です。ですが…

弊社が楽天の運用代行を成果報酬で始めた理由。

先ず弊社の楽天運用代行を成果報酬料金を説明しないとダメですね。

弊社の成果報酬方の運用代行料金

  • 月額固定で5万円
  • 成果報酬楽は商品や現在の売り上げ、難易度で蹴って
  • 平均3%〜8%程度

ちなみに5%だとすると、月額300万円で20万円の報酬となります。実は楽天市場であれば月額300万円は狙えます。それを考えると弊社としても月額15万円の固定報酬であるよりも、成果報酬を頂いた方が報酬も高くなるんです。

ですがスタートアップの企業様の場合、その金額も難しいケースが多いですよね。企業で働く方ならわかると思いますが、事業部として利益がなければ社内稟議が通りません。でも、やらない事には売り上げが上がらない事もわかってます。そんな時のジレンマを解消するためのサービスです。

月額150万程度だと弊社側が赤字

そうなんです。成果報酬型は当然弊社もリスクを負います。単純計算でも月商150万だと、弊社への成果報酬は固定も含めて125,000円となります。店舗運営の作業を考えると比較的赤字です。

弊社の赤字解消法

売り上げを上げる自信があります。ただどうしても時間を要する事になります。なので成果報酬のご契約の場合、複数月のご契約をお願いする事で弊社も出来るだけ赤字を回避する事ができます。

基本、単月契約の弊社のスタイルですが、唯一の複数月契約のサービスとなっております。

クライアントには商品側に集中してほしい

弊社にご相談を頂く企業の方で多いのが、商品開発をする時間がないというケース。これはECで売り上げを上げる為には結構死活問題です。ECはやはり売るものあって初めて数字が乗ってきます。ですので、スタートアップの企業で比較的自分でやる事が多い場合には是非ご利用頂きたいサービスとなっております。

ネットショップは作業量が命です

売れない店舗の共通点として、絶対的な作業量が少ないというのがあります。人によってはRMSでのデータの見方がわからないと言うお客様も。正直に言いますが、それは売れません。自分のお店のどの商品がアクセスを取ってるのか?自分の商品の検索順位はどこなのか、またはどのキーワードでサイトに人が来ているのか。

それらを理解して初めて売り上げアップの第一歩となります。ただどうせ回らないなら早い段階でご依頼頂いた方が間違いなく売り上げが上がりやすいです。悩んでいてもアクセスが増える事は絶対ないですからね。

お問い合わせCONTACT

ECコンサルや店舗運営、
どんな事でもお気軽にご相談ください。
商品開発からのご相談もお受けしております。