株式会社トゥエルブ、第二期が無事終わりそうです。

ブログ 社員ブログ

代表の山根です。

最近ブログを書く時間が取れず、数ヶ月ぶりの投稿となりました。大変申し訳ございません。実はこの8月で株式会社トゥエルブも第二期が終了となり、舵取りが難しい第三期に突入して参ります。

今日は1年を振り替えってちょっと色々ご報告したいと思います。

弊社にとって第二期は本当に投資の時でした

第一期の終わりまでは社長の僕1人でした。でも今は外注、アルバイトを含めると10人近くまで増えました。たった1年でと考えると感慨深いものがあります。でも、それになりコストもかかっていますし、投資と言ってる位なので、回収もこれからです。

人が増えたことで考える事も増えた

シンブルに働く仲間が増えるのは嬉しいですね。でも、当然ながら売上を落とす事が出来なくなりました。と言う事は1人社長の時に比べて戦い方が変わったと言う事です。これは僕の中では大きな変化でした。

人が増えるとマンパワーも効きます。でも費用対効果を考えた時に、これってほんとに大丈夫なの?と考える事や、スタッフ間での相性だったり、その人個人のやりたい事などもかなり加味するようになります。要はそれだけ人を雇うと考えなければいけない事が増えると言う事でした。

オフィスの問題

弊社は今レンタルオフィスの個室を借りて、そこをオフィスとして活動しております。弊社の場合、働き方が在宅メインなので、創業当時はそこまで深くオフィスについて考えてませんでした。でも、蓋をあてみると、やはり皆んなが一同に集まれる場所が無いのは不便だと言う事に気がついたり、お客様から撮影を頼まれると、その商品一時的に預かる場所がないといけなかったりと。

結果としてオフィスはそれなりの広さが必要と言う結論になりました。ちなみに今期には引っ越し予定です。

ECコンサルティングと言う職業の難しさ

第二期で痛感したのが正にこれです。お客様の要望に対して適切な金額でリソースを割く事がどれだけ難しかを痛感しました。僕たちの仕事は時間数では無く成果です。どれだけお客様の売上と利益が増えたかが大事です。

でも、中々うまくいかない時もあります。これは詳しくは内部の情報にも触れるので詳しくは書けませんが、今後ずっと悩むんだろうなと言う事だと思っています。

逆に弊社のお客様の場合、比較的数字は伸びています。半年で数千万伸びるケースもあります。この場合は本当に嬉しい週間です。特にこんなに伸びるなら早くお願いすれば良かったと言って頂ける場合もあります。

なぜ弊社はECコンサルティングとECサイト運用を両方受けるのか?

これに関しての答えはとてもシンプルで、コンサルティングのみの場合、お客様の手が動かないと絶対成果が出ないからです。特の創業時はこちらに力を入れていたのですが、上記の理由からECコンサルティングのみはやめて、弊社ではなるべくECコンサルティングとECサイトの運用を同時に受けるようにしております。結果としてこれが一番お客様の売上が上がりました。

逆にECサイトの運用だけを受けない理由

こちらも理由は簡単ですね。

この場合、サイト運用を受けたとして、売上が上がらないと運用側に理由を求められる事が多胃からです。だったらコンサルティングとECサイト運用で両方受けてしまった方が、結果として一番成果を出すのに早いと気が付きました。この理由からサイトの運用だけはお断りしております。

第三期目の抱負

会社を作ってから最初の難関と言われる3年目。この3年目は大きく考え方を変えようと思います。今までは自己資本で全て勝負してきました。でもこの三期目は助成金をフル活用し、大きなシステムを作ろうと思います。

また、IT補助金のベンダー登録も動きます。IT補助金の対象ベンダーになる事で、よりクライアント様にいいサービスの提供が出来るからです。

第二期に作った社訓と社是

社訓
全ての関わる人に12分。

社是
変えてはいけないもの、社訓
変えていいもの、それ以外の全て。

個人的には結構気に入っています。今後もこの精神を軸に3年目だからと弱気にならず、加速度的に会社を大きくしていきたいと思います。また従業員の風土、働きやすさの改革も進めていきます。

弊社では最終的に週休3日制の導入を考えています。

出来るか出来ないかは置いておき、まずは数年以内にチャレンジしたいと思っています。 あとは自社コンテンツですね。やはり収益の柱として考えたいのが自社コンテンツです。物販から始まり、デジタルコンテンツ、そのあたりは今種まきをしている最中ですので、数年後大きな収益の柱として活躍してくれる事を祈ります。

まとめ

第三期目こそ、地に足をつけた経営をしていきたいと思います。良くも悪くも3年目となると少しこなれてくる感じがあります。これには気をつけて、全力で3年目を走り抜けて、来年もここで1年の振り返りをしたいですね。皆様、これからも株式会社トゥエルブを宜しくお願いします。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ