楽天市場でのコスト一覧表。実はこんなにコストが掛かる。楽天市場では減価率は25%に抑えるべき理由。

EC攻略Blog ブログ

このブログではネットショップの色々な事を株式会社トゥエルブ内のスタッフが不定期で更新をしております。本日は意外な盲点というか落とし穴になる商品価格について。商品価格というよりも、ショッピングモール(今日は楽天市場)でのコストってこれだけ掛かるんだよっていう話です。

特に自社製品(プライベートブランド)を販売している企業様って多いと思います。単純計算1000円で売れた物もの原価が250円ですよね。結構利益取れうなーと思うかもしませんが、実は意外と沢山のお金が持って行かれます。

楽天市場で商品が売れた時のコスト一覧

<計算は以下の設定>

  • 販売価格は10,000円
  • 減価率は50%
  • 送料無料で設定
  • ポイント10倍商品
  • スタンダートプラン
  • 月の販売個数1,000件

楽天市場のコスト一覧

まずは1万円の商品を販売しているとします。販売価格は1万円(税抜)です。月間販売個数は1000個です。

商品原価率は最近のEC専門企業に多い50%としております。

さて、ここからが販売された時に発生してくるコスト一覧となります。

「出店料」はスタンダートプランの月額5万円を販売個数で割り当てて1商品が売れた時にコストとして載せてます。「システム手数料」は1商品が売れた時に掛かる販売手数料です。楽天の場合PCで売れた時とスマホで売れた時、実は料率が違います。ここ比較的見落としがちですが、今はスマホユーザーがほとんどなので「2.9%」と計算して良いと思います。

「ポイント原資」はランテンポイント付与負担分です。ここではポイント10倍に設定していますので、コストとして「1,100円」計上しております。「決済手数料」複雑なロジックが組まれてます。アベレージで 「3.2%」となります。これショップの月商によって変化します。今回は月商5,000万計算です。

「システムサービス使用料」は簡単にいうと楽天の中のツールの使用料金です。これはどれを使うかによって違いますので注意です。今回は最小限の設定としています。「アフィリエイト」は大体4%程度です。これは全商品に発生するわけではないのですが、いつどこで発生するか全く読めません。なのでコスト計算をするときはMAXの4%計算で良いと思います。

次は配送料金です。送料は39ショップに登録している事前提でショップ負担としております。さらには楽天ロジスティクスを利用してる計算です。その場合、中型サイズのコストとして545円が発生します。

楽天市場でのコスト割合

ポイント10倍をよく使う店舗だと念の為30%として計算したほうがいいですね。ポイントを使わなくても19%程度はコストとして考えて置いたほうが良さそうです。特にコストで圧迫するのがポイント分おと送料無料分です。逆にここがなんとか出来れば他社との差別化が出来ますね。

原価率50%での粗利益

結構びっくりしますよね。11,000円(税込)の商品を1つ販売すると、手残り金額が2,000円となります。利益率が18%です。ただ先ほども書いた通り原価率を50%としております。そして原価率を25%に抑えた場合の手残り金額は以下にになります。

原価率25%まで抑える事が出来ると、手残り金額は4,538円まで増えます。そうなんです。楽天ってコストが掛かると思っている方も多いですが、原価率50%でポイント10倍、送料無料にしても2000円が利益となります。

広告費は利益を直接減らすので効果的に!

楽天市場などでよく聞くのがRPPを出したままほぼ放置というケース。上記の計算を見ればわかるのですが、1万円の商品でもこれだけしか残りません。さらには広告費をここから捻出する必要があります。という事は広告費ってかなり効果的に使って行かないと直ぐに赤字になります。広告を使う場合はかなり注意が必要ですね。

上代設定は25%目安がベスト

EC業界が伸びてきた時、原価率設定が壊れました。それはネットはリアル店舗と比べて総じてコストがかからないからです。でもその時代は終わっています。よりユーザーが便利で使えるように、発送自体を他社に依頼したり、ノベルティーをつけてレビューをもらうという手法が一般的になってきてます。

さらには発送商品と共に印刷物を入れてお客様に忘れられないようにしたり。そして広告費。ネットショップは今凄くコストが掛かるようになりました。剥離で営業をしているショップも多いです。それらを解消するのがマーケティング量と価格設定なんです。

まとめ

今日は商品の価格設定と楽天市場のコストを算出してみました。ちょっとは参考になりましたでしょうか?

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ