ネットショップ(ECサイト)の運用代行企業を選ぶ時のコツは何か?を解説。目的別にしっかり選定する事が成功のコツなんです。

EC攻略Blog

今日は弊社のような企業をどう使えばいいのか?また、今後ECコンサルタントやネットショップの運営代行を依頼したいと思っている企業様や個人事業主様に向けての内容となります。

株式会社トゥエルブでは現在色々なクライアント様とご契約させて頂いております。そのご契約の時に必ず議題に上がるのが、どこまでお願いできますか?と言う事。特に弊社の場合はECコンサルタントを基盤とし、クライアント様には出来るだけ早く売上アップをして欲しいと思っています。

その為、商品登録作業はクライアント様にお願いしております。理由は簡単で月額の運用費で賄える時間はどうしても決まってきます。その決まった時間の中で商品登録などの作業に費やしてしまうのは勿体無いからなんです。

外注戦略は会社を大きくする為の最速ステップ

実はこの外注をうまく使えるかは自分の会社を大きくする上でかなり必要なスキルだと言えます。外注がうまく使えない企業様の場合考えられる事は一つで、指示の出し方が悪いと言う事です。その場合、指示を出す人に知識がない事が多く、意思の疎通ができない状態がほとんどです。特に自分の会社で見た時に、外注に恵まれないなと思ったら、この状態になっていないか見直して見て下さい。

ネットショップ(ECサイト)の運用代行企業を選ぶ時のコツは何か?

では、具体的にどうすれば良いのかを考えていきますね。

自社内で何を依頼したいのかを明確に

まず何を依頼したいのかを自分たちでしっかり紐解いて見て下さい。

  1. 売上を上げる為の知恵や戦略
  2. 商品登録などのルーティンだけど大事な作業
  3. バナー作成やサイト制作
  4. 広告の運用や最適化
  5. SEO対策
  6. その他

上記は全てネットショップの運営では欠かせないものとなりますが、作業自体は大分1個1個違います。ちなみに株式会社トゥエルブの場合(1)(5)(6)が主戦場となります。

弊社の場合、戦略をもとに広告を決め、SEOで攻めるのが主流です。ただ、全ての店舗運営代行企業様がそうとは限りません。アルバイトを沢山抱え(2)のような作業を好む企業様も多いです。もし売上を最短に考えたい場合にこの企業様を選定してしまうとお互いハッピーでは無いですよね。なので頼む側もしっかりと何をして欲しいのか?を具現化する必要があると思っています。

外注企業の探し方はそれぞれ

外注企業を探す時、皆さん何を使いますか?

今の時代、かなり便利になっているのでBtoBのマッチングサイトから始まり、グーグル検索や紹介などもあると思います。ここで大事なのが実績と価格になります。また実績と価格のバランスも大事だと思われます。

実績が凄くても金額が想定より高ければどうにもなりません。という事はまず自分達がどの程度の金額を想定しているかも考えておき、その金額内でベストを選ぶのが良いですよね。

金額が安い=稼動が短い

そうなんです。

よくネットショプ運営代行企業を探す時、金額ありきで探す企業様多いですね。確かに安い運用代行はありますが、注意が必要です。それは「金額が安い=稼動できる時間が短い」という事になります。ただでさえやるべき事が多いECサイトですが、この事を間違えて契約してしまうと、お互いパッピーではないですね。

ネットショプの運用代行企業が金額以上に稼動してくれる時はどんな時?

それは以下のケースになります。

  • 成果報酬契約の時
  • やれば売れると感じた時

ただし、条件があります。

成果報酬でも売れないと感じしてしまった時はこの限りではありません。ネットショップの運用代行でさらには成果報酬であり、かつ自社商品である事です。逆に仕入れのみで金額の変動ができない、競合が多い、いう場合かなりキツくなってきます。その場合、外注企業としては焦らずゆっくりやると言うスタンスになります。

また「やれば売れる」と言う場合も条件があります。頑張って売上を上げれば他のECサイトも任せてくれそうなどの未来を感じる時ですね。

ここで言いたいのは外注先も利益を確保しなければなりません。何でもかんでも安価で対応してもらえると考えてしまうと、結果としてその契約は失敗に終わります。Win-Winになるかが大事な部分ですね。

相性は無視できない

ビジネスと言っても最後は人と人です。この相性というのも無視できません。ここは人ぞれぞれなので深掘りは無しにしておきますね。

まとめ

ネットショップの運営代行企業の選別の仕方をちょっと書いて見たのですが、一概に全部が全部当てはまる訳では当然ないです。それを考えると株式会社トゥエルブは稼動が短いの?と思われてしまいます。

弊社の場合は稼動が短いのではなく「スタートアップ企業だから実績を積みたい」が本音です。なので月額5万円と成果報酬という形で、最初は弊社側が赤字になる計算です。

でも、売上が上がれば成果報酬部分で取り返せます。なので稼働を気にせず対応する訳です。そう言った状況を踏まえながら外注企業を探すときっと良い所見つかると思います。

ネットショップ運営でお困りの方はお気軽にお問い合わせフォームからご連絡下さいね。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ