2021年の振り返りと2022年の目標

ブログ 社外報

株式会社トゥエルブの代表取締役の山根です。

楽天市場の運営の仕事をしていると、スーパーセールが3ヶ月毎にあるので、あっという間に1年が過ぎていきます。それは2021年も例外ではありませんでした。特に今年は弊社の創業の年にもなったので尚更です。

会社を始めるという事は本当に大変だなと痛感した年にもなりした。

経理周りをどうやって処理しようか、営業はいつから始めようか、営業資料を作らないといけないな、アルバイトも雇用したいけど、雇用契約書作らないと、などなどです。

その業務にプラスして、既存のお客様の作業が入ってきます。本当に大変です。

ただ、そんな事も言ってられません。時間が止まってくれれば良いのですが、無常にもしっかりと流れていきます。2021年は本当に走り続けた年となりましたが、それも自分で毎年建てている目標のお陰でもあります。

2021年の目標はこれでした

それは、「会社を作れるだけの売り上げを作る事、そして会社を立ち上げる事」でした。

2021年の1月は、僕は会社員でした。Facebookを見ていただいてる方はご存じかと思うのですが、株式会社クロスマーケティングというグループ会社の株式会社ディーアンドエムという企業で働いておりました。その時は2021年に自分が会社を立ち上げるなんて、半分くらいしか信じてませんでした(笑)

そう、半分しか信じてなかったのですが、行動自体は会社設立に向けて頑張ってきた訳です。やっぱり目標って大事ですね。頭の中で常にこの目標がぶら下がっており、これがあったから軸がブレずに来れたと言っても過言では無い気がします。

なので、2022年もしっかりと目標を作り、それに向かって邁進したいと思います。

2022年の目標

株式会社トゥエルブとしての目標

  • 営業活動開始
  • 従業員雇用
  • オフィスの契約
  • 売り上げ目標の達成
  • 自社サービスの着手

ざっと思いつく所をまとめるとこんな感じです。

従業員の雇用

特に弊社のようなコンサルタント企業となると人材が本当に大事です。また、人材を確保する上では雇用関係の契約の雛形を作ったり、オフィスも無くてはなりません。(弊社は基本、半分は在宅にするつもりです。)

営業活動の開始

さらには営業活動です。当面は僕が電話で直接アプローチをするつもりです。いわゆるアウトバウンド営業です。時代遅れと言われるかもしれませんが、すでにインバウンド設計はしており、広告も走ってますが、まだまだというのが現状です。WEBsサイトも立ち上げてまだ3ヶ月程度、SEOで上がってくるほど甘くないです。

社長みずから営業活動をする事で、決済が早くなります。まずは僕がしっかり営業活動をし、トークスクリプトをまとめる事で、今後営業を雇った時に、そのタイミングで僕が営業を離れることが出来ます。

オフィスの契約

オフィス自体はコアーキングスペースかシェアオフィスにするつもりです。これはコロナで固定のオフィスが僕自身も必要ないと感じたからです。コロナ前であれば、固定のオフィスを借りたかもしれません。できる限り身軽にする事で企業自体のリスク軽減に繋がると思っています。

自社サービスの着手

ECのコンサルティングやEC運営代行をする上で必要なものは見えてます。まずは自社のリソースを助けるツールの開発に着手するつもりです。具体的にはまだ言えませんが。サービス自体もサブスクで解放するつもりですので、今後時代の流れを見間違えないよう、ニーズがあるサービスを開発したいと思います。

売り上げ目標の達成

現時点では達成ベースではあります。が、上記でも書いた通り、まだ営業活動はできてなく、クライアント様からのご紹介などで増えてきてる状態です。なので、自分達の力でしっかりと営業し、クライアント様が取れて初めて安心できる状態だと思っています。

関わってくれた皆様に心よりお礼申し上げます!

株式会社トゥエルブに関わってくれているクライアント様、関係各所のみなさま、本当に1年間ありがとうございました。皆様のご協力がなければ会社の立ち上げすら上手く行かなかったと感じております。やはり、大変な時に力を貸してくれる方はこれからも大事にしたいですし、こちらも同じ事で恩返しをしたいと思っています。何卒、これからも宜しくお願い申し上げます。

会社占いをちょっとやってみました。

完全に余談なのですが、会社名占いと言うものがありました。なのでちょっとやってみました。

知恵に恵まれる大吉数。会社名の画数が13の会社は、特殊な技術や能力を求められる分野で大成する。最新鋭の機器や最先端の研究などを事業化する際は、この画数の社名を付けると良い。忍耐力が強いスタッフに恵まれるため、あらゆる難事を巧みに切り抜けることができる。不可能と思われていたことを実現することで、大きな功績を生む。その結果、大きな利益が生まれ、さらに新しい研究に投資できるので、末永く会社が繁栄する。

https://xn--n8jx07h2oa930j.net/result.php?name=%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%96

なんとも嬉しい結果ですね。

同じ画数の社名が

  • バンダイ
  • ソフトバンク
  • ユニ・チャーム
  • タカラトミー
  • キッコーマン

錚々たる企業名ですね。あっているかどうか?は一旦置いておいても、弾みがつきますね。コンサルタント企業なので知恵に恵まれるのは嬉しい限りです。この占いが真になるよう、2022年も今年同様、全力で走り抜けるつもりです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ