無事、法人成りを終えて思うこと。

ブログ 社外報

株式会社トゥエルブの山根です。

やっと令和3年10月20日(今月)に法人化の手続きが終わりました。振り返ると昨年あたりから本格的に法人化を考えて、1年近くかけて準備したのを今でも良く覚えてます。

27日には国から番号を付与されて、定款も認定されました。

そういえばサイバーエージェントが定款に以下のことを追加したみたいです。

 

株式会社トゥエルブの定款

(商号)

第1条 当会社は、株式会社 トゥエルブ と称する。

(目的)

第2条 当会社は、次の事業を行うことを目的とする。

  • 1.ECコンサルティング
  • 2.EC、WEBサイトの運営、構築
  • 3.WEB、システムの開発
  • 4.飲食店の経営
  • 5.インテリア用品、美術品、日用品雑貨、衣料品、古物の売買
  • 6.インターネットによる音楽・映像の企画・制作・配信
  • 7.芸能タレントのマネージメントに関する事業
  • 8.各種事業への投資、及び有価証券の保有・売買・運用
  • 9.前各号に付随又は関連する一切の業務

としております。

当然弊社はスタートアップ企業として株式会社トゥエルブとして産声をあげたばかりです。出来る事もサイバーエージェントなどと比べると比べ物にならないのですが、気持ちは大きく持っています。起業1年目より2年目、2年目より3年目と大きくなれれば良いだけで、今のサイバーエージェントと同じ年数の時に、もっと出来る事が増えていればOKだと思っています。

目指すはデジタルマーケティングの最高峰

実は起業をする際、自分で決めた事があります。

それは常識を疑う事。その常識を壊し、新しい何かを生み出す為に自分で会社を作ったと言っても過言では無いくらいです。ただし、単に壊すだけであれば破壊者となるだけです。そうではなく破壊と構築を必ずイコールで行う事がとても大事な事だと思っています。

デジタルマーケティングの最高峰といっても定義が広いです。その定義はこれから時間をかけて詰めていこうと思います。どの領域でどんな一番を狙うのか?は、自分で納得のいく答えを出し、邁進して行きたいと思います。

なぜECコンサルタントなのか?

今、コロナ禍で色々な企業がDX化で苦労しています。株式会社トゥエルブは特にEC分野にフォーカスして企業様の力になれるようにと思っています。なぜECコンサルティングなのかで言うと、これから一番伸びるだろう分野であり、代表であるわたしの得意分野だったからです。

個人事業主時代からのクライアント様に助けられ、ここまでこれたと行っても過言では無いと思っています。ただ、現時点では大手企業に比べて、対応出来る範囲が少ないのも事実。まずは1つ1つの案件に対して実績を出し、会社を大きくして行きたいと思っております。

目指すは時代を代表する企業

ECコンサルタントを中心に、WEBサイトの運用から構築、そこからのWEB集客を経て、オフラインでのメディアミックスまで、一気通貫で提供できる企業を目指す為、これから越えなければならない壁が沢山あります。

10年後の自分がこの記事を読んだ時、「当時頑張ったから今の自分がいる」と思えるような時間をこれから過ごして行きたいと考えています。

誰もがなし得なかった企業を作ると言う希望を胸に、今月から株式会社トゥエルブの会社をスタートさせたいと思います。「お客様にも社会にも十二分に」と言う企業理念に恥じない企業にして行きます。

まとめ

15年ごしで起業ができた訳ですが、当然ながらここからが資本家してのスタート地点となります。少しでも周りにいる人たちの笑顔を作れるよう、精進してまいります。皆様、株式会社トゥエルブを何卒、末長く宜しくお願い致します。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ