ECコンサルタント企業として株式会社トゥエルブが始動致しました。

ブログ 社外報

皆様、初めまして。株式会社トゥエルブ、代表取締役の山根でございます。

この度令和3年、10月20日に株式会社トゥエルブは無事法人登記が完了し、正式に法人となりました。今日は率直にこの会社にかける思いや、将来期的にやりたい事などをざっくばらんに記事にさせて頂ければと思っております。

こうやって記事にする事で初心を忘れず、事業に邁進する事も狙いの一つとなります。

株式会社トゥエルブという社名の由縁

私自身の個人事業主は「デジタルキャンバス」という屋号で活動をしておりました。とは言いましても、個人事業主の期間は令和3年1月〜9月迄です。その翌月、株式会社トゥエルブとして法人成りです。

最初はデジタルキャンバスというネームで法人も考えましたが、色々考えた結果、トゥエルブとしました。読んだまんま「12」という意味です。

なんとなく分かりやすく、覚えやすいのが良いなと思ってはいたのですが、中々考えが纏まらない期間が続きました。そんな時、12という数字が目に止まりました。

この12という数字、調べてみると結構色々な意味があります。時計や干支、音符、地球の時点など全てが12という数字が基準になっております。また未来という意味もあります。さらには日本独特の「十分に」の最上級として「十二分に」と言う言葉もありました。

世界基準のサービスを作りたい

社名の意味に負けないよう、社訓の一つとして「世界基準のサービス」を創るというのがあります。今は具体的にはお伝え出来ないのですが、近い将来、必ず開発を始めるつもりです。やはりサービスの基準はECで考えております。人と人を繋ぐECサービス。考えるだけでワクワクします。

お客様にも社会にも十二分に

もう一つの社訓です。経営理念と言っても良いです。先にあげた世界基準のサービスは一つの武器として。それらを繋ぐために「お客様にも社会にも十二分に」という包括的な意味があります。実際弊社のWEBサイトの経営理念もこれを採用しております。

公式FACEBOOK

弊社の法人化に伴い、FACEBOOKの公式ページを作成しました。意図としてはより企業と人の繋がりを可視化でき、安心感を感じて頂く為になります。興味がある方は覗いて見て下さい。

なぜ今、法人成りを考えたのか?

大きな意味は特にありません。元々自身の企業を作り、自分が正しいと感じるもの、ワクワクする事をやりたいと言う気持ちは人一倍強かったと思います。私自身、IT業界に来てからは転職を数回経験しております。最後はクロスマーケティングという企業で働き、色々な事を勉強させて頂きました。

IT業界に入る前から起業したいという気持ちがあり、たまたまこのタイミングでそれが叶ったという事でした。転職を繰り返す内に、自然とできる事が増えていったと同時に、なんとなく自分は社会に馴染めないのでは無いか?などと考えた事もありました。

今考えると、起業というのが頭にあった事で、理想がそこに向いてたんだと思います。結果として社会に馴染めてないと言う錯覚をもったのだと思います。

弊社の直近の課題

それは、事業を大きくする上で当てはまる全ての事が課題と言えます。ありがたい事に個人事業主からのクライアント様が多数おり、現在は成り立っております。しかし法人となった今、より制度の高いサービスを提供するべく色々改善をしなければなりません。

まずは何から手をつけるか…という事です。

小さな事なのですが、ずっと使って来た他社のCRMツールを解約しました。合わせて新しいサービスを探し始めております。このまま使っていても特に問題はありませんでしたが、少しだけもっと良いサービスがあるのでは無いか?と言う気持ちもあり、早速改善に入っています。

この積み重ねが1年後、2年後大きな変化となって現れてると信じております。

4年後、株式公開が目標

4年と言う数字も特に意味はありませんが、私の年齢が46歳という事もあり、キリよく4年と決めてます。かなりの努力と運がないと難しいと感じてますが、その方が面白いです。何より僕自身が自分の会社を持つという事自体、自分では奇跡に近いと思っています。それに比べれば、比較的簡単なのでは?とすら思えてきます。

ただ、会社を大きくする上で絶対に避けて通れない事があると思っています。クライアント様の満足度を常に高い水準にしなくてはいけない事。当然ですが、これ無くして弊社の上場は無いと思っております。

この満足度を上げる為の作業が先ほど書いた足元の改善だと思っています。

私自身の経歴を少しだけ

バンドをやる為、千葉から東京に18歳の時に上京をして来ました。その時のワクワクは今でもよく覚えています。それから色々な事を経験しながら25歳の時にバンドを諦めました。その時の失望感もよく覚えています。合わせてバンドブームも終了でした。

30歳で自分に投資をする意味でWEBの学校似通い始めました。人生で2回目の自己投資でした。1度目は音楽、2度目はWEB。そこから色々な企業で働いてきました。株式会社ドウシシャ、株式会社DHCにも少し在籍をしておりました。テレビ東京で番組のWEBサイトを作っていた事もございます。

その後、株式会社ABC Cooking StudioでWEB担当やプロモを経験。この頃始めてSEOと言うものを業務で本格的に取り組んだ時期でもありました。そこからECコンサルタントの専門企業を経て、株式会社クロスマーケティング内の株式会社ディーアンドエムという会社に拾って頂き、色々学びを得た訳です。本当今までお付き合い頂いた皆様には感謝しか無いです。

感謝の気持ちと共に

色々な経験を経て今がある訳ですが、社会という中に身を置く事で考える事が沢山ありました。その考えて来たことを自分の法人で形にし、社会に何かしらの貢献をしたいと思っています。残りの人生を賭けた大プロジェクトが始動した訳です。皆様、これからも何卒、株式会社トゥエルブを宜しくお願い申し上げます。

代表取締約 山根 保

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ