ECコンサルタントが月額2万円。売るためのネットショップ代行が月額15万円。それで何をしてくるの?を説明してます。

EC攻略Blog ブログ

実はよく頂く質問に「月額2万円のECコンサルタント」って何をしてくれるんですか?と言う物が多いです。なので、改めて文章に立ち上げようと思っています。このブログも当然残します。その際、資産として書いておくべき事って何だろう?と思った時、2万円のECコンサルの事を思い出しました。

月額2万円のECコンサルタントが目指すところとは?

それは最初源の知識の伝達で最大限の効果をもたらす事なんです。

まー、カッコつけるとそんな言葉になってしまうのですが、月額2万円だとできる事がかなり限られます。なので大事な事だけ伝えて、今相談来た状態から少しでも改善出来る事を目指してるわけです。

月額2万円のECコンサルタントの内容

それは、クライアント様のECサイトを見て、直近やれば数値が変化する事をお伝えして、作業の完了を見守る事。

ECの売り上げアップの答えは意外と身近に

ずっとネットショップをやっていると、必ずと言って良いほど見落とすのが手前の作業。そうキーワード。気持ちはわかるんです。ネットショップの運営では沢山の事が必要になりますからね。

  • 商品登録
  • サイトデザイン
  • 広告運用
  • 発送業務など

でも、よく考えてみてください。

お客様とお店の接点部分ってどこですか?検索ですよね。人によっては検索と言う人もいれば広告と言う人もいると思います。でも先に広告ではない明確な理由があります。それは広告品質インデックスなんです。

品質インデックスは、広告の品質を10段階で評価する指標です。 キーワードごとに表示され、10に近いほど品質が高いことを表します。 一般に、「広告の品質」が高い場合、広告の掲載順位 広告の掲載順位は、オークションランクに基づいて決定します。

引用:YAHOO!広告

商品ページにちゃんとキーワードや説明文が入ってないと、検索広告は関連性が低いとみてCPCが高くなる事があります。反対に、情報がしっかり盛り込まれたページではCPCは優遇されます。それが理由です。

まずは検索を制する!そのきっかけが2万円のECコンサルタントなんです。

上記の事を踏まえると、まずやるべき事はSEOに勝てるような商品ページの構築です。

株式会社トゥエルブに来るお客様、意外と出来てない事が多いんです。でも当たり前ですよね。だって効果が出るのにそれなりに時間がかかる事を知識もない状態で理解しろってことのほうが無理だと思っています。

なのでそのお手伝いを月額2万円で請け負うわけなんです。

月額2万円のECコンサルタント契約で出来る事。

  • SEO全体のアドバイス
  • EC全体の悩み相談や提案
  • 広告のアドバイス

文章にするとたったの3行ですが、比較的濃い内容はお渡ししてるつもりですし、何より他の競合と比べてもコスパは良いほうだと思っています。

ただ問題があるとすれば、忙しくて作業が出来ないという場合。こればかりはしょうがないですね。なのであとから月額15万円のネットショップ運営代行も始めました。

ネットショップは手を動かしてなんぼですからね。通常、ネットショップの運営は専門知識が必要になってきます。その人を一人雇うとすると、結構なコストになりますね。それを15万円で代行するという物です。

  • 月額2万円は知識と実績の提供
  • 月額15万円は知識と技術の提供

月額2万円のECコンサルタントの使い方は皆さんそれぞれ。

人によっては相談だけの人もいますし、人によっては作業をお願いしてくる方も。またEC事業全体の戦略や、最近はYAHOOショッピングの悩みも多くなってます。特にこれ!って事が決まってないので、2万円分クライアント様の好きなように使って頂ければと思っています。それが売りでもあるんです(笑)

月額15万円のネットショップ丸ごと運営委託とは何をしてくれるの?

シンプルに説明すると、運営をします。ネットショップの。ですが、商品登録とかそういうのがメインの方は他をあたってください。デジタルキャンバスがやる事は、如何にうり上げを効率よくとりに行くか?と言う事にフォーカスしてます。

月15万円のネットショップ運営委託内容

  • LPの作成(月2ページ)
  • データ解析
  • 広告運用
  • SEO施策

LPの作成

LPだけでは売れませんが、最終的にお客様が購入をジャッジするのがLPだと思っています。楽天市場で言えば商品説明ページと言ったところです。

データ解析

正直、データがすべてだと考えます。どの商品とどの商品が一番背っとで買われてるの?や、リピートユーザーはどの位の周期でお店を訪問してるの?と言った深い所から、一般的なアクセス数やCVRのデータから見える事を数値化して、戦略を立てます。

▲上記のようなデータをこちらでまとめてご提供いたします。

広告運用

楽天市場ではRPPやクーポンアドバンス、また楽天営業担当がもってくる純広告など色々な種類の広告があります。広告はそのユーザーが欲しいかで使用用途が全然変わりますし、広告だけでも勝てません。そのあたりを常に最適化し、運用します。

SEO施策

おそらく一番大事な部分だと思います。

SEOと言うと嫌悪感が走る方もいますが、これなくして売り上げ増加は見込めないです。まずはどのキーワードが売れるのかをしっかり確認しながら商品名などを決めていきます。まずはココに100%の力を使います。そのあとは商品説明ページや、広告を使ってデータ収集などでブーストをかける方法となります。

弊社でご契約いただいたお客様への次なるサービスの構築

それは、クライアント様同士の横のつながりを作る事です。対ビジネスではなく、友人として同業の方のつながりを作るサービスを検討しています。

商品をおたがいで販売してもよいし、OEMなどの話を進めて頂く事も良いと思います。何からの接点が持てるように日々、考えてサービスをローンチできるよう勧めております。

ネットショップの売り上げは手を動かしながら考える

やっぱりこれです。

手を動かさずに考えてばかりの方も多いですが、手を動かす事で違ったデータが出てきます。良くも悪くも色々検証できる訳なんです。なので、考えてる暇があったり、逆に何をして良いかわからないという人はまず手を動かしてみてください。

商品の画像を変えてみたり、商品名を変えてみる。もっと説明文を増やしてみたりと。そうする事で自分でもなにかしらの気づきが出てきます。

まとめると

今日は弊社デジタルキャンバスが提供しているネットショップサポートプログラムのご初回でした。運営代行と言うと数多くありますし、それと比べるつもりもないです。ただ真摯に今の状況を打開したい!とか、もっと売上を出したいという人に使ってほしいサービスとなります。

今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ